Platinum Kubera FX レビューと検証

PLATINUM FXシリーズの第二弾作として、
Platinum Kubera FXがリリースされました。

Platinum Kubera FXは、
異なる相場・局面を得意とする6種のロジックが相互補完し、
大きく負けにくく、安定しやすい事を目指したポートフォリオで、
短期間で利益を得ながらトレードスキルも身に付ける事ができるものになっています。

Platinum Kubera FXの特徴

6種のロジック

どの様な時価になっても同じくに働きするロジックはないのですから、好不調の波はもちろん起こり得ます。

(特殊ロジックを除く)好不調を経て、長期間トータルで利益を増やしていけるロジックが秀逸なロジックと言えます。

秀逸なロジックでも、不調が長引くとマイナス思考になりがちで、メンタル的にきつくなってきます。

人によっては、ルールを守れずルール外の立場を持ったり、ロット数を大きくしたり、トレード自体を止めてしまう人もいるでしょう。

メンタル的にも損益的にも、好不調の波は小さく、不調期間は短い事に越した事はないのです。

PlatinumKuberaFXは、異なる時価・局面を優れているとする6種のロジックを実装する事で、不調なロジックがあっても他のロジックが好調を維持し相互補完し、トータルで見た好不調の波を小さく、不調期間は長引かない事を目指したポートフォリオです。

大きく負けにくく安定しやすいので、加味思考を保ちトレードを継続していけます。

全シグナル表示

エントリーに注意しがちですが、それ以上に利益確定・損切りが価値があると言っても大げさではないのです。

エントリーのみシグナル表示し利益確定と損切りは裁量決断を不可欠とするツールや、エントリーシグナル全部でエントリーではなく取捨選択の裁量決断が不可欠なツールも少なくないのです。

これでは使用する側の決断によりトレードが異なってしまい、一概に再現性高いトレードが可能なとは言えません。

PlatinumKuberaFXは、エントリー、利益確定、ストップ、全シグナルを表示して、再現性高く全部の方が同じトレードになります。

ロジック公開

エントリー、利益確定、損切り、全部のシグナルを表示しますので、ロジック(シグナル生じての根拠)を知らなくてもトレード出来てしまいます。

ただし、ロジックを公開しています。

その所以は3つあります。

最初に一つ目は、「信用感からトレードの継続性につながる」という事です。

勝率100%ではないのですから、連敗する局面ももちろんあります。

ロジックを汲み取るしていないと「このシグナルでトレードして現実に心配なし?」と言う心もとないな心情になり、シグナルを信用できなくなります。

この様な事が何度かあれば、「このシグナルは使えない、やめよう…」となり、さらに他を探す悪循環になってしまいます。

トレードとは、優位性の高いロジックで、勝つべき時に充分に勝ち、負ける時は巧妙に負けながら、長期間トータルで利益を残していくものです。

ロジックを認識していると、負けた時は「なぜ負けたのか」「どの様な負け方をしたのか」を決断でき、「ロジックがパフォーマンスしない負けるべき所で巧くに負けた」事を認識できます。

長期間トータルで利益を残していく中で絶対起きる一ところである事を認識可能なので、シグナルの信用感を損なう事なくトレードを継続していけます。

二つ目は、「裁量決断を採りいれやすい」という事です。

ロジックを汲み取るしていなくても、裁量決断を吸収する事はできます。

ただしロジックを習得する事で、どの様な特性を持ったシグナルなのかをより深く決断でき、その結果、精度を高める為の裁量決断をより影響的にモノにする事ができます。

三つ目は、「シグナルを取り合わせ可能な」という事です。

慣れてくるとシグナルの特性を認識してきますので、例を挙げると「もうすちょっと早く利益確定やりたい」「趣向時はできるだけ利を伸ばしたい」など、個人の自分の嗜好・コーデをシグナルに反映させたいと思い描く人もいらっしゃると考えます。

ロジックを公開し、シグナル現れて要件を手直し可能な作りになっていますので、個人のお好きな・コーデに応じたシグナルに取り合わせする事ができます。

裁量判断

明確にルール化してシグナルに落とし込む事が厄介なので人間が決断しなければならないが、かなり成果の高い決断テクニックがあります。

シグナル通りのトレードから一歩進んで、更に精度を高める事を目的とした裁量決断をいくつか供給しています。

自動売買システム

エントリー、利益確定、損切り、全部シグナル通りに自動売買するEAも付属します。

裁量トレード派は、バックテストを行い、ロジックの有効性を具体的な数値で統計学的に決断可能なので、裁量決断を吸収する指標や、シグナルのひと工夫に応用できます。

「裁量トレードの時が取れない、取りたくない」「ルールを守れない、ポジポジ病」「自動売買が好き」など自動売買派は、自動売買にEAをご活用頂けます。

EAは指定口座でご使用頂けます。

6種のロジック概要

短期順張りロジック

流行中の押し目・戻りでモード方向へエントリー。

大きな利幅は狙わず、わりと短期にトレードを終えます。

派手さはないのですが、安定感・利益の満たすレートから、主ロジックと言えます。

中期順張りロジック

流れの初期段階を狙ってエントリー。

大きなモード現れて時は大きな利幅が見込みでき、わりと長期間立場を保有します。

トレード回数は多くないのですが、1トレードの利幅は大きめです。

レンジ逆張りロジック

方向感無く、わりと小さな値幅のレンジで上下動を反復する時価を対象とします。

「小さな値幅のレンジは手を出さない方が良いのでは?」と思い描く方がいらっしゃると考えますが、極小さな利幅でしか利益確定チャンスが無いような小さな値動きではエントリー前提を満たさず、水準を満たすまで以上のボラティリティーがある事がエントリー前提に内蔵されるので、一例を挙げればドル円5分足では+10pips前後、ドル円1時足では+50pips前後の利幅が見込みできます。

短期で大きく動いた時の逆張りロジック

モード・レンジ、時価がどの様な状況であっても、短期的にボラティリティーが高まり金額が大きく動いた時は戻す動きが多くあります。

なお、ファンダメンタルズを要因として突発的に極端に大きく動いた時も、多くの事例は戻す動きがあります。

この様な短期的に大きく動いた後の戻りを意識します。

早目のエントリー、深追いせず中期的中心費用帯で利益確定します。

中期的な逆張りロジック

傾向は永遠には続かず、やがて絶対終わります。

一言で趣向と言っても動きは多彩です。

きわだった押し目・戻りがないまま中期的に上昇・下落が継続した後は、戻す動きが多くありますので、この戻りを意識します。

中期的に買い・売りが偏ったステータスなので戻せばそこそこの動きが望みできますが、早目のエントリー、大きく意識し過ぎずほどほどの位置で利益確定、状況によりわりと大きな利幅になる事もあります。

転換ロジック

流れが終わった後の動きは、逆方向へ傾向生じて、レンジ、小動きなど色々です。

趨勢が終わり、逆方向への傾向生じて、つまり傾向転換を意識します。

傾向の終わりを検証し、逆方向への動き出しを検証してからのエントリーになりますので、信頼性は増す反面エントリー時期は若干遅めになります。

大きな動きが望みできますが趣向は何処まで続くかわかりませんので、状況によりいくつかの利益確定前提で扱ってし、状況により大きな利幅になる事もあります。

Platinum Kubera FXの勝率

過去の実績として、シグナル通りのトレードで35〜60%という結果が出ています。

押し目・戻りで傾向方向へエントリーするロジック#1で約60%、傾向の初期段階から大きな利を狙うロジック#2で約35%など、ロジックの特性により勝率の性質が異なります。

稼働ロジック、通貨ペア、時足、時価、時帯により異なるので一概には言えませんが、全ロジックを長期間トレードした事例は45〜50%という結果が出ています。

勝率単体での数値は、断っておきますがポイント程度とご認識下さい。

勝率だけでトレードの良し悪しは決断出来ません。

勝率が高くても一度の負けが大きければ、トータルで負ける事例もあります。

勝率が低くても一度の勝ちが大きければ、トータルで勝てる時も有りますが、連敗が続きドローダウンが大きくなると精神的にきつくなり、継続してトレード出来なくなる時もあるでしょう。

成績的にも精神的にも安定してトレードを継続するには、利益・損害・ドローダウン・勝率・トレード数などのバランスが大事です。

他にも、シグナルに従った機械的なトレードから一歩進み、そして成績を高めていく為の知識(ひと工夫、裁量)を豊富に提供しています。

この技術を学習しでいただく事により、さらなる勝率膨れ上がるが望めます。

オリジナル購入特典

当ブログオリジナル特典:EA ACRobot
特典紹介ページ

特典付きリンク
Platinum Kubera FX